/ ハイライト
朝鮮労働党中央委員会キム・ヨジョン副部長の談話
 21日、アメリカに唆された国連安全保障理事会が共和国の新型大陸間弾道ミサイル「火星砲・17」型の試射に難癖をつける公開会議なるものを開いた。
 国連安保理が朝鮮民主主義人民共和国をターゲットにしてアメリカと南朝鮮が頻繁に行っている危険極まりない軍事演習と貪欲な武力増強にはかたくなに背を向け、それに対応した共和国の不可侵の自衛権の行使を持ち出したのは確かにダブルスタンダードである。
 笑止に耐えないのはアメリカが安保理公開会議が終わるや否や、気詰まりな心の働きを隠せず、イギリスとフランス、オーストラリア、日本、南朝鮮を含めて烏合の衆を率いて来ては、吐き気がするような「共同声明」なるものを発表し、自分たちの不順な企みが実現されなかった腹いせをしたことである。
 震えおののいて吠え立てる犬にたとえるほどのざまである。
 共和国政府はアメリカとそれに追従する反動勢力のこうした妄動を、共和国の自主権に対する乱暴な侵害、朝鮮半島の情勢を新たな危機局面に追いやる由々しい政治的挑発として強く非難する。
 われわれは国家の安全を守るための自衛権の行使に難癖をつけることについては、だれかれを問わず、絶対許さず、あくまで超強硬対応するだろう。
 アメリカが共和国を丸出しにしようといかに躍起になっても、共和国の自衛権は絶対侵すことができず、反共和国の敵対行為に執念するほど、なお致命的な安保危機に直面すると言うことを肝に銘じるべきだ。

 チュチェ111(2022)年11月22日
 ピョンヤン