/ 朝鮮語講座
ペクトゥ山で(4)
백두산에서 (4)
ペク・トゥ・サン・エ・ソ(4)
ペクトゥ山で(4)

1:백두산을 왜 혁명의 성산이라고 합니까? 
 ペク・トゥ・サン・ウル・ウェ・ヒョク・ミョン・ウィ・ソン・サン・イ・ラ・ゴ・ハム・ニ・カ。
 パクトゥ山をなぜ革命の聖なる山と呼んでいますか。

2:예, 그것은 백두산이 조선혁명의 뿌리가 내린 곳이기때문입니다.
 우리 혁명의 개척자이신 위대한 수령 김일성동지께서는 백두산을 중심으로 15성상의 항일무장투쟁을 벌리시였습니다.
 イェ、ク・ゴッ・ウン・ペク・トゥ・サン・イ・チョ・ソン・ヒョク・ミョン・ウィ・プ・リ・ガ・ネ・リン・ゴッ・イ・ギ・テ・ムン・イム・ニ・ダ。
 ウ・リ・ヒョク・ミョン・ウィ・ケ・チョク・チャ・イ・シン・ウィ・デ・ハン・ス・リョン・キム・イル・ソンドン・ジ・ケ・ソ・ヌン・ペク・トゥ・サン・ウル・チュン・シム・ウ・ロ・シブ・オ・ソン・サン・ウィ・ハン・イル・ム・ジャン・トゥ・ジェン・ウル・ポル・リ・シ・ヨッ・スム・ニ・ダ。
 はい、それはペクトゥ山が朝鮮革命の始原が開かれた所だからです。
 朝鮮革命の開拓者である偉大な領袖金日成同志はペクトゥ山を中心として15年間も抗日武装闘争を展開しました。

1:그렇습니까. 그 시기의 전구들을 찾아볼수 있습니까?
 ク・ロッ・スム・ニ・カ。
 ク・シ・ギ・ウィ・チョン・グ・ドゥル・ウル・チャッ・ア・ボル・ス・イッ・スム・ニ・カ。
 そうですか。
 当時の戦場に行ってみてもよろしいですか。

2:물론입니다. 백두산밀영을 비롯한 밀영들과 여러 숙영지들, 삼지연혁명전적지, 대홍단혁명전적지 등에 가볼수 있습니다.
 ムル・ロン・イム・ニ・ダ。
 ペク・トゥ・サン・ミル・ヨン・ウル・ピ・ロッ・ハン・ミル・ヨン・ドゥル・グァ・ヨ・ロ・スク・ヨン・ジ・ドゥル、サム・ジ・ヨン・ヒョク・ミョン・チョン・ジョク・チ、テ・ホン・ダン・ヒョク・ミョン・チョン・ジョク・チ・ドゥン・エ・カ・ボル・ス・イッ・スム・ニ・ダ。
 もちろんです。
 ペクトゥ山のベースキャンプを始め、各キャンプと宿営地、サムジヨン革命戦跡地、テホンダン革命戦跡地などへ行けます。

1:백두산밀영은 어떤 곳입니까?
 ペク・トゥ・サン・ミル・ヨン・ウン・オ・トン・ゴッ・イム・ニ・カ。
 ペクトゥ山のベースキャンプはどんな所ですか。

2:예, 1930년대 후반기부터 1940년대 전반기까지 조선혁명의 사령부가 자리잡고있던 곳입니다. 또한 위대한 령도자 김정일동지께서 탄생하신 성지입니다.
  백두산밀영에는 그 일대의 봉우리들가운데서 주봉을 이루는 정일봉이 솟아있습니다.
 イェ、チョン・グ・ベク・サム・シブ・ニョン・デ・フ・バン・ギ・ブ・ト・チョン・グ・ベク・サ・シブ・ニョン・デ・チョン・バン・ギ・カ・ジ・チョ・ソン・ヒョク・ミョン・ウィ・サ・リョン・ブ・ガ・チャ・リ・ジャプ・コ・イッ・トン・ゴッ・イム・ニ・ダ。
 ト・ハン・ウィ・デ・ハン・リョン・ド・ジャ・キム・ジョン・イル・トン・ジ・ケ・ソ・タン・セン・ハ・シン・ソン・ジ・イム・ニ・ダ。
 ペク・トゥ・サン・ミル・ヨン・エ・ヌン・ク・イル・テ・ウィ・ポン・ウ・リ・ドゥル・カ・ウン・デ・ソ・チュ・ボン・ウル・イ・ル・ヌン・チョン・イル・ボン・イ・ソッ・ア・イッ・スム・ニ・ダ。
 はい、1930年代後半から1940年代前半まで朝鮮革命の司令部があった所です。
 また偉大な指導者金正日同志が誕生した聖地です。
 ペクトゥ山のベースキャンプにはその一帯の峰峰の中で主峰をなす正日峰が聳えています。

1:어떤 혁명유적유물들이 있습니까?
 オ・トン・ヒョク・ミョン・ユ・ジョク・ユ・ムル・ドゥル・イ・イッ・スム・ニ・カ。
 どんな革命遺跡遺物がありますか。

2:위대한 수령님께서 계시던 사령부귀틀집과 위대한 장군님께서 탄생하신 백두산밀영고향집이 원상그대로 꾸려져있습니다. 그리고 대원실자리들과 우등불자리들 등이 발굴보존되여있습니다.
 ウィ・デ・ハン・ス・リョン・ニム・ケ・ソ・ケ・シ・ドン・サ・リョン・ブ・クィ・トゥル・ジプ・クァ・ウィ・デ・ハン・チャン・グン・ニム・ケ・ソ・タン・セン・ハ・シン・ペク・トゥ・サン・ミル・ヨン・コ・ヒャン・チプ・イ・ウォン・サン・ク・デ・ロ・ク・リョ・ジョ・イッ・スム・ニ・ダ。
 ク・リ・ゴ・テ・ウォン・シル・チャ・リ・ドゥル・グァ・ウ・ドゥン・プル・チャ・リ・ドゥル・ドゥン・イ・パル・グル・ポ・ジョン・デ・ヨ・イッ・スム・ニ・ダ。
 金日成同志がいた司令部の丸太小屋と金正日同志が誕生したペクトゥ山のベースキャンプの家が当時のまま復元されています。
 そして兵舎の址とかがり火の址などが発掘・保存されています。