/ 世界と朝鮮 - 国際親善展覧館
青銅の彫刻「王と王妃」



 チュチェ107(2018)年9月12日、アフリカ建築家同盟名誉委員長が敬愛する金正恩総書記に青銅の彫刻「王と王妃」を贈りました。
 青銅の彫刻品は名誉委員長が家宝として保管していた12世紀の歴史遺物で、ナイジェリアで1938年に発掘されたものです。
 王を表している彫刻の高さは56センチメートルで、王妃の彫刻の高さは54センチメートルです。