/ あなたの健康のために
健康・長寿の5大要素
 昔から健康・長寿の5大要素と伝えられるものがあります。「万歩、千字、百嚼、十笑、一行」がそれです。
 「万歩」、これは日に万歩を歩くことです。万歩を歩いて足の筋肉の凝りをほぐし、関節も丈夫にするとのことです。
 「千字」とは毎日、千字を読めということ、読書の重要性を訴えるものですが、年を取るほどなおさらです。読書と音楽鑑賞は脳細胞の復活にプラスになります。
 「百嚼」は、食べ物を百回噛み砕いて食べることです。年を取ると歯がもろくなり、入れ歯に頼ることが多いので食べ物をゆっくり、十分に噛み砕いて食べなければなりません。これは単に消化と吸収を助けるだけでなく、偏食や食べすぎを防ぎ、必要な栄養素を随時補うためにも必要です。
 「十笑」、これは日に10回は大きく笑えということです。笑いにも数十種がありますが、大きく、朗らかに笑うことはストレスや心配事、不安と憂鬱を解消させます。
 「一行」は大小を問わず、日に一つ以上の創造活動をすることを意味します。発見、発明につながるアイデアを出す、野菜や草花を栽培する、絵を描く、日記をつけるなどなどいろんなことが含まれます。
 共和国で高齢者は国家の恩恵と社会の保護を受けており、人生の黄昏も青春の活力に溢れて楽しい余生を送っています。













 そして、次の世代のためになることを一つでも多くしようと頑張っています。